NPO:特定非営利活動法人国際プレゼンテーション協会
Google
問い合わせ このページを印刷する
プレゼンテーションって何?
IPS認定プレゼン講師資格制度
プレゼン公開講座
プレゼン・フォーラム
プロフェッショナル向け個人支援
プレゼン相談室
参考書籍
企業のお客さま
非営利団体のお客さま
ボランティア募集
会員募集
IPS会員専用メニュー
ログインする
プレゼンテーション準備の進め方
職業別プレゼンテーション・テクニック
プレゼンテーションFAQ
プレゼン・ワンポイント・アドバイス
プレゼン考現学
プレゼン・ジョーク集
ダウンロード・サービス
研究活動

プレゼンテーションって何?

このページは過去のWHAT’S NEWの記事を集めたもです。


2007年5月

■ 環境省環境調査研修所において、
      「プレゼンテーション手法の理論と実践」の講義を実施しました

 2007年1月30日(火)と2月6日(火)の両日、弊協会の脇谷聖美副理事長が、環境省環境調査研修所主催の「平成18年度国際環境協力中級研修」の一環として、「プレゼンテーション手法の理論と実践」をテーマに講義をおこないました 。詳細はこちら

■ (社)情報科学技術協会(INFOSTA)において、
                  プレゼンテーション講座を実施しました

 2007年1月19日(金)、情報担当・ライブラリアンなどの方々を中心とした会員限定のプレゼンテーション講座を実施しました。詳細はこちら

■ 兵庫県弁護士会にてプレゼンテーションの講演を実施しました

 2007年2月5日(月)、兵庫県弁護士会において、弊協会の理事長が「法廷プレゼンテーションを強化する!〜裁判員に訴えかける弁護活動のために〜」をテーマに講演をおこないました。詳細はこちら

■ 「教える人の教える資格」−IPS認定トレーナー資格制度
  2007年5月、V級インストラクター養成講座開催

 弊協会では、教える仕事に従事されている方に”伝える力”を中心に、より高度なトレーニング・スキルを身につけていただき、その能力を客観的に評価し証明する「IPS認定トレーナー資格制度」を設けています。
  また、IPS認定トレーナー資格制度は、学習者に対して、教える人の能力を評価する物差しとして提供しています。
  2006年2月、5月に、「V級インストラクター養成講座」を開催します。教師、講師、インストラクターなど、教える仕事に携わっている方にお勧めです。養成講座修了後、受験資格が与えられます。詳細はこちら

■日本看護協会で講義を実施しました

 2006年11月2日(木)、日本看護協会、看護教育研究センターにおいて、2006年度認定看護管理者制度サードレベル教育課程の一環として、「プレゼンテーション方法」の講義を実施しました。詳細はこちら

■法廷プレゼンに関する活動が京都新聞に紹介されました

 2006年6月26日(月)、京都弁護士会において実施しました講演(法廷プレゼンテーション力強化〜裁判員の心をつかむ弁護活動のために〜)が京都新聞(2006年7月29日、夕刊)に紹介されました。


2006年8月

■研究成果発表会を開催しました−教育プレゼン研究チーム

 2006年7月1日(土)に教育プレゼン研究チームの研究成果発表会を仙台市で開催しました。研究発表のテーマは、(1)子供のプレゼンテーション力、(2)教育における教師のプレゼンテーション力、(3)学校マネジメントなど。研究成果発表会の詳細ついては、こちらへ。

■法廷プレゼンテーション力強化をテーマに講演しました

 2006年6月26日(月)、京都弁護士会の主催で、「法廷プレゼンテーション力強化」について、弊協会の理事長が講演しました。詳細はこちらへ。
 弊協会では、 平成21年5月までに開始される裁判員制度に向けて、今後も弁護士の法廷プレゼン力を強化活動を推進します。

■関東管区警察局にてプレゼンテーションの講義

 2006年6月9日(金)、関東管区警察局でプレゼンテーションの講義を実施しました。犯罪防止の観点から、警察局職員の方々が外部の講演で講師を務める機会が多く、今回の「プレゼンテーション基礎講座」を開催する運びになりました。 詳細はこちらへ。

■MRプレゼンについてドクターを対象に調査を実施しました:
                          −製薬プレゼン研究チーム

 製薬プレゼン研究チームは、株式会社インテージの協力を得て、ドクターを対象にMRプレゼンに関する調査を実施しました。非常に興味深い結果でした。なお、現在、研究チームは調査結果を多面的に分析し、今後の研究活動の指針とします。なお、分析結果については、2006年秋を目処に発表します。


2006年7月

■「提案力強化プログラム」−公開講座を協賛

 弊協会では、情報サービス産業に携わる方々のための「戦略的ITソリューション提案力強化プログラム−公開講座」を協賛することになりました。、自力で案件を発掘し提案できるSE、営業社員を育成することを目的にしています。公開講座の詳細は、アクセス・ビジネス・コンサルティングのサイトを参照ください。
※協会会員の方々には、受講料の割引特典があります。

2006年6月

■草野満代さん(筑紫哲也 NEWS23、キャスター)をゲストに
     パーソナル・プレゼン・フォーラムを開催しました。

 「知的で魅力的な自己表現」をテーマに草野満代さんに講演をしていただきました。講演では、参加者とざっくばらんな意見交換が繰り広げられました。また、その後、昼食をとりながら、村上利恵子先生(弊協会理事、イメージ・コンサルタント)に、参加者全員の方々がパーソナル・カラー診断をしていただきました。 フォーラムの様子は近日中に「IPS活動報告」に掲載します。

■金融プレゼン・フォーラム(2)を開催しました

 2006年5月24日(水)に、金融ビジネスに携わる方々を対象に「金融プレゼン・フォーラム」を開催しました。フォーラムでは、投信のプレゼンはいかにあるべきか、さらには、投信販売の課題は何か、などについて活発に議論が交わされました。また、今後は、「金融プレゼン研究チーム」として、活動を継続する予定です。6月に研究チームの活動について話し合いをしますので、ご興味のある方は、弊協会事務局までお問い合わせください。なお、本フォーラムの詳細はこちら


■取材報告:「きばらきフードウエーブ2006」
    プレゼンテーションへの新たな取り組みを取材しました

   5月26日〜27日、東京流通センター、イベント・ホールにて、「いばらきフードウエーブ2006」が開催されました。今回は、新たな取り組みとして、農家やJAがステージ上で商品の説明やPRをするプレゼンテーションが取り入れられました。非常に興味深いプレゼンテーションが繰り広げられましたので報告いたします。取材記事はこちらへ。

■草野満代さん(筑紫哲也NEWS23キャスター)をゲストにパーソナル・プレゼン・フォーラムを開催します

  単なるオシャレだけでは通用しない!
  「知的で魅力的」−ビジネスではこんな自己表現が求められています。 ビジネスに携わっている男性・女性の方々に、草野満代さんをゲストにお迎えし、プロフェッショナルにふさわしい中身と外身を身につけていただくためのフォーラムを開催します。
  みなさまのご参加をお待ちしています。詳細および参加申し込みはこちらへ。

■神奈川県縫製品協同組合で「プレゼン基礎講座」を開催

  神奈川県縫製品協同組合の主催で、「プレゼンテーション基礎講座」を開催します。講座の内容は下記の通りです。
1.日時:平成18年6月6日(火)
講演: 午後6時〜午後7時30分、懇親会:午後7時30分〜午後9時
2.場所:桜木町駅前ブリーズベイホテル(横浜市中区花咲町)
3.講師:脇谷聖美(人材育成/魅力創出コンサルタント、弊協会副理事長)
詳細については、神奈川県縫製品協同組合にお問い合わせください。


2006年5月


■「いばらきフードウエーブ2006」
        農家の方々によるプレゼンテーションへの新たな取り組み

  5月26日〜27日、東京流通センター、イベント・ホールにて、「いばらきフードウエーブ2006」が開催されます。茨城の農畜産物を多くの食品関連業者の方々へ紹介し、さらなる取引拡大を目指しています。また、新たな取り組みとして、農家やJAがステージ上で商品の説明やPRをするプレゼンテーションを取り入れる予定です。流通業界も直接農家やJAなど産地側の話を聴きたいとの要望が、今回のプレゼンテーション実施の背景です。当協会も、このプレゼンテーションに注目し、5月26日(金)に取材をおこないます。詳細はJA全農いばらきまで。

■「教育に活かすプレゼンテーションの理論と技術」−仙台ネット2002との共催フォーラム

 2006年2月25日(土)、仙台ネット2002と共催で、教育プレゼン・フォーラムを開催しました。仙台市の小学校教師、校長先生、教頭先生などが参加され、「いかにプレゼンテーションの技術と理論を教育に活かすか」、活発な議論が繰り広げられました。
 また、フォーラム終了後、有志の方が集まり、児童に対するプレゼンテーションの指導内容や指導方法などについて研究することになりました。詳細はIPS活動報告を参照ください。

■プレゼン・ジョーク(16)

  東京開催 ある講演会での出来事。ステージ正面の大画面に講演者が映し出される。 「それでは・・・」と話し始め、うつむいて用意してきたメモを見る。その瞬間・・・。(続きは、「プレゼン・ジョーク集」に掲載)

■IRプレゼンの評価(2)−基調講演

  第2回は、「個人投資家向け会社説明会」の基調講演を取り上げました。講演者のプレゼンテーションを、(1)聴き手とのマッチング、(2)プレゼンテーションの構成、(3)ビジュアルの観点から評価し問題点を抽出しました。みなさんがプレゼンテーションをおこなう際に、是非、参考にしてください。(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)

■ある外資系マネジャーの教訓

 日本にある外資系企業の人事マネジャーが、ニューヨーク本社で社員教育の導入についてプレゼンテーションを実施した。ところが、聴き手の役員は、単なる「Just information」としか受け取っていない。それでは、わざわざニューヨークまで来てプレゼンテーションをする意味がない。そこで、くだんのマネジャーは・・・。(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)


2006年2月

■製薬プレゼン・フォーラム(2):大阪開催

  東京開催に引き続いて、大阪において「製薬プレゼン・フォーラム」を開催します。MRをはじめとして、製薬企業におけるプレゼンのあり方について意見交換をおこないます。製薬企業にお勤めの方々のご参加をお待ちしています。詳細はこちらへ。

■国際プレゼン・フォーラムの開催

  外国人ビジネス・パーソンとの意思伝達力向上について考える「国際プレゼン・フォーラム」を開催します。外国人上司/部下をおもちの方、外資系企業にお勤めの方、英語でプレゼンをおこなう方などのご参加をお待ちしています。詳細はこちらへ。


2006年1月

■面接試験のプレゼン成功法

  面接試験は緊張します。「ドキドキして言いたいことの半分も言えなかった」ということが多々あります。もし、あなたの実力が十分に表現できないと、これまでの努力が水の泡です。では、どのようにすれば、面接試験のプレゼンに成功するでしょうか。その鍵は3つあります。(「プレゼン・ワンポイント・アドバイス」に詳細記事を掲載)

2005年12月

■公開IPSフォーラム(プレゼンテーション基礎講座)を開催しました

  2005年12月に東京と大阪で、IPSフォーラムを開催しました。多くの方が参加され、プレゼンの基礎を学んでいただきました。 フォーラム開催に際して、多くの方にご尽力をいただき、ありがとうございました。 フォーラムの実施内容は、IPS活動報告(東京開催大阪開催)を参照ください。
 ※2006年の開催予定はスケジュールが決まり次第、本サイトに掲載します。

■製薬プレゼン・フォーラム(1)は終了しました

 2005年12月14日(水)の製薬プレゼン・フォーラム(1)は成功裡に終了しました。関係者の方々に御礼申し上げます。なお、フォーラムの内容は左欄の「IPS活動報告」を参照ください。
 次回の開催は本サイトでご案内します。

■公開IPSフォーラム(プレゼン基礎講座)を開催します−東京/大阪

 2005年12月に東京と大阪で、IPSフォーラムを開催します。この講座は、初めてプレゼンテーションを学習しようとする方、これまでの我流ではなく、きちんと基礎から理解したい方などを対象としています。短時間でプレゼンテーションの基本をしっかり学んでいただけますので、是非、ご参加ください。
 開催場所、日程、内容、参加費用などの詳細については こちら へ。
 東京開催は終了しました。 ありがとうございました。
 なお、大阪開催(2005年12月21日)は、定員まで残りわずかです。
 早めにお申し込みください。

■製薬プレゼン・フォーラム開催のお知らせ

 この度、当協会では、製薬企業の方々のために、「製薬プレゼン・フォーラム」を開催することになりました。本フォーラムは、MRの人材育成や指導トレーナーとして活躍されている方々にお集まりいただき、情報交換や意見交換をしていただく場です。参加費は無料ですので、みなさまのご参加をお待ちしています。なお、詳細はこちらを参照ください。

■IRプレゼンテーションの評価(1)

 2005年11月におこなわれた投資家向けのIRプレゼンテーションに参加しました。これから、複数回にわたって、プレゼンテーション技術の観点からレポートします。主催者、企業経営者、IR担当の方々の参考になればと思います。
  第1回は、主催者側のイベント・プレゼンテーションの評価です。(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)




2005年11月

■学校のプレゼン授業は単なるプラモデル作り?!

 子供に考えさせず、意見をもたせず、単なるプレゼンの作業をさせているだけ。あたかもプラモデルを作っているようなもの。結果、形の整ったプレゼンにはなるが、コミュニケーション力を身につけた自立した人間を育成しているわけでない。あいも変わらずマニュアル人間を創っているのでは? (プレゼン考現学に詳細記事を掲載)

■製薬企業の方々へのお知らせ

 この度、当協会では「製薬プレゼン研究チーム」を立ち上げることになりました。この研究チームでは、製薬関係の方々にお集まりいただき、MRプレゼンテーションのあり方や能力開発カリキュラム、指導者の育成方法、MRのためのプレゼン・ツールなどについて研究をして参ります。現在、関係者の方々に、チーム立ち上げ準備や研究テーマの選定などに携わっていただいております。詳細は協会からのお知らせをご覧ください。
  チーム・メンバーに参加される方を広く募集しています。チームへの参加申し込み、お問い合わせは事務局までご連絡ください。

■教育関係の方々へのお知らせ

−プレゼン・ツールを活用した模擬授業の無料公開
  この度、当協会では、団体会員の方々に、授業力向上のための「プレゼン・ツールを活用した模擬授業」を無料で公開します。お申し込み、お問い合わせは事務局までご連絡ください。

教育プレゼンテーション研究チームへの参加者を募集しています。
  当協会では、”教育プレゼンテーション”の向上および普及活動をおこなっています。教育現場での「教える側のプレゼンテーション力向上」、「学ぶ側のプレゼンテーション力養成」を推進します。
 このたび、教育プレゼンテーション研究チームを発足させることになりました。この研究チームに携わっていただける方や普及活動に参加していただける方など、日本のプレゼンテーション教育に貢献したいと思われる方は、是非、当協会の事務局にご連絡ください。詳細についてはこちらへ

教育現場へのプレゼン・ツールの導入と活用を支援します。
 より効率的で効果的な授業をおこなうために、プレゼン・ソフトやプロジェクタなどのプレゼン・ツールを活用するケースが増えてきています。当協会では、プレゼン機器の導入から教材の作り方、機器の操作方法など、教室プレゼンテーションの全般的なノウハウを提供します。また、教職員の方々への指導もおこなっています。 なお、当協会会員の方々には、無料でご相談を承ります。詳細については事務局までお問い合わせください。



2005年10月

■伝える工夫と手法:生ゴミ減量化のアピール!

 「大分県地球温暖化防止活動推進センターななぐらす」にて、地球温暖化防止推進員の方たちを対象に、「伝える工夫と手法」についてワークショップを開催しました(2005年10月22日)。
 ワークショップでは、どのように生ゴミ減量化をアピールするか、リーフレットなどの媒体を使ってどのように伝達するかなど、活発な議論が繰り広げられました。詳細についてはこちらへ。

■公判模擬裁判でのプレゼンテーションに対する誤解

 2005年10月11日付asahi.com佐賀の記事によれば、「一般市民も刑事裁判に参加する裁判員制度への理解を深めてもらうために、傍聴者を募り、佐賀地裁で公開模擬裁判を開いた」とのこと。
  ただ、敗訴した弁護側から「必ずしも証拠に基づいているわけではないプレゼンテーションやアピールに、立証を頼りすぎるのもどうか」との投げかけもあった。うがった見方をすると、、「プレゼンテーションとは、必ずしも証拠に基づいておこなわれるものではない 」と聞こえる。
 これはプレゼンテーションに対する大いなる誤解と言わざるをえない。 (プレゼン考現学に詳細記事を掲載)



2005年10月

■学生プレゼン研究チーム、第1回ワークショップを開催しました

 2005年10月16日(日)に第1回ワークショップを開催しました。
 「コミュニケーションの基本」、「プレゼンテーションの3P分析」、「分析に基づくプレゼンテーション戦略」などについて、活発な議論が繰り広げられました。詳細についてはこちらへ。



2005年9月

■学生プレゼン研究チームが活動を開始します

 かねてより準備を進めてきました”学生プレゼン研究チーム”が2005年10月16日より活動を開始することになりました。詳細についてはこちらへ

■プロジェクタのリモコンは意外な落とし穴

 プロジェクタを使ってプレゼンテーションをすると、多くのリスクを抱えることになる。PCとの相性が悪い。いざ、というときにスライドが映らない。足でケーブルを引っかける。これらのリスクを回避するためには、事前のセッティング、予備機器の準備、リハーサルなどが有効だ。
  ところが、見落としがちなのがプロジェクタのリモコン。小さな付属品だが、あなたのプレゼンテーションを台無しにする危険をはらんでいる。(プレゼン・ワンポイント・アドバイスに詳細記事を掲載)

2005年8月

■ワークショップの開催:戦略的プレゼンテーション技術とツールの活用法

 当協会の理事長(八幡紕芦史)が、PLUS Digital Projector Fair 2005 in Japan(プラスビジョン株式会社主催)のワークショップで講演します。プロジェクターの導入を予定している方、効果的な使い方、プレゼン機器やミーティング・ツールの最新情報について知りたい方に最適なワークショップです。内容は、プレゼンの理論と技術、ビジュアル・プレゼン技術、ツールの今後の課題などです。
  詳細については、プラスビジョン(株)のホーム・ページ、あるいは、日経新聞(7月26日付朝刊21面)を参照ください。

■郵政民営化法案、小泉首相が丁寧な答弁・・・?

 参議院での郵政民営化法案の審議が始まった。日頃から説明責任を果たしていないと批判されている小泉首相。メモを見ながらゆっくり話し始めたところ・・・。「誠意がない!」とのヤジ。小泉さん、プレゼンの基本を学びましょう。(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)



2005年7月

■プレゼンでカタカナ英語を使う場合の注意点

 聴き手の知識レベルを無視してカタカナ英語を連発するプレゼン。自分ではカッコいいと思っているかもしれないけれど・・・。と言っても、使わざるをえないことも多々あるはず。では、プレゼンでカタカナ英語を使う場合は、どうすればいいか?(「プレゼン・ワンポイント・アドバイス」に詳細記事を掲載)

■オリンピック招致プレゼンの勝因は?

 2012年、夏のオリンピックがロンドンで開催することに決定した。
オリンピック招致プレゼンで、パリと熾烈な闘いの末、ロンドンが勝利をものにした要因は何か?(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)



2005年6月

■株主総会のプレゼンに問題あり!

 株主総会の会場から出てきたある男性が、テレビ局のインタビューに答えて、「説明がよく分からないので、役員はちゃんとしたプレゼンをしなきゃ」とコメント!(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)

■入札制度の改革に「公開プレゼン・コンペ方式」を!

 またまた、談合事件が発生した。と言うより、発覚した。
日本人の悪しき商習慣。共存共栄と言う美名の下に、ムラ社会の自分たちだけが「いい思い」をする排他主義。 そんな悪弊を一掃するためには、「公開プレゼン・コンペ方式」の導入を。(「プレゼン考現学」に詳細記事を掲載)